ソーシャルログイン/ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」、「楽天ID Connectオプション」に対応開始! ~楽天IDを利用した新規会員登録・ログインが可能に~

フィードフォースは、楽天株式会社が提供する「楽天ID Connectオプション」に対応し、楽天IDを利用したソーシャルログイン機能の提供を開始いたしました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)はソーシャルログイン / ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」において、楽天株式会社(以下「楽天」)が提供する「楽天ID Connectオプション」に対応し、楽天IDを利用したソーシャルログイン機能の提供を開始いたしました。 

これによりサイト運営者は、「ソーシャルPLUS」を導入することで、FacebookやLINE、Yahoo! JAPAN ID等のアカウント情報に加えて新たに楽天IDに対応した会員登録・ログイン機能を既存のWebサイトに簡単に導入することが可能になります。 

約9,500万※の楽天IDを活用したソーシャルログイン機能が簡単に導入可能に

今回「ソーシャルPLUS」では、楽天が提供する、楽天IDを活用したオンライン決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」のオプション機能である「楽天ID Connectオプション」に対応し、楽天IDを利用したソーシャルログイン機能の提供を2018年5月17日より開始いたしました。企業は「ソーシャルPLUS」を利用することで、楽天IDを利用した会員登録やログイン機能を既存のWebサイトに手軽に導入でき、実装コストを大幅に削減することができます。 

これにより楽天IDを保有するユーザーは、普段から使い慣れている楽天IDとパスワードを入力するだけで手間なく簡単にサイトで会員登録をすることが可能になります。また、2回目以降も楽天IDでスムーズにログインができるためより便利にお買い物を楽しむことができます。 

サイト運営者は、約9,500万の楽天ID(2017年12月31日現在)を活用したソーシャルログイン機能を簡単に自社サイトに導入することができるため、ユーザーの利便性を大幅に向上できるだけでなく、会員登録やログインにおける離脱を防ぐことが可能となるため、利用者数の拡大や売上増加を見込むことが可能となります。 

また既にオンライン決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」を導入している企業においては、楽天IDに対応したソーシャルログイン機能を実装することで、会員登録や再ログインだけでなく決済までを一気通貫で完結することが可能となります。 

フィードフォースでは、今後も様々な用途や目的に合わせて「ソーシャルPLUS」と各マーケティングプラットフォームとの連携を強化し、より多くの企業のマーケティング活用においてパフォーマンス向上の支援を進めてまいります。

※会員登録完了後1回以上ログインをしたことのあるID(退会者除く)

「ソーシャルPLUS」について

「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるASPサービスです。LINEやFacebook、Twitterなど、複数のプラットフォームに対応しています。

また「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプション機能は、企業のLINEアカウントと連動するLINEログインをはじめ、自動友だち追加機能やMessaging API等、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションに必要となる各種機能の導入にも対応しています。

さらに「ソーシャルPLUS」が提供するメッセージマネージャーでは、特定のユーザーに対し、ブラウザ上の操作で簡単にメッセージの送信が可能で、通常のLINEのように1:1でトークする事が可能となる「カスタマーサポート」機能も提供しています。顧客からの問い合わせや予約受付といった個別対応に活用でき、ユーザーの利便性が大きく向上します。
https://socialplus.jp/

楽天ID Connectオプションについて

ユーザーが本オプションを導入したサイトで会員登録する際、楽天IDとパスワードを入力し、同意した場合、楽天IDに登録されている名前や住所などの会員情報がECサイトに引き渡される機能です。 

この機能により、ユーザーにとっては会員登録時の情報入力の手間が省かれ、利便性を向上すると同時に、EC事業者にとっては、会員情報入力途中での離脱率を防ぐことで転換率の向上につながります。 
※本オプションのご利用には、楽天による審査が必要となります。 

楽天ペイ(オンライン決済)について 

楽天会員登録をしているユーザーが楽天グループ以外のECサイトにおいて、楽天IDを使って簡単に決済ができるオンライン決済サービスです。楽天会員のお客様は「楽天ペイ(オンライン決済)」を導入しているネットショップでのお買い物の際、楽天IDとパスワードを入力するだけで、簡単にお支払いが完了します。 

また、お買い物に応じて「楽天スーパーポイント」を貯めることができ、同時に楽天グループの各種サービスで貯まったポイントをお支払いに利用することができます。 
https://checkout.rakuten.co.jp/biz/ 

 

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先> 

株式会社フィードフォース 
担当:深谷、金井
TEL:03-5846-7016  
FAX:03-3834-7666 (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く) 
URL:https://www.feedforce.jp/
E-mail:pr@feedforce.jp

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ネイティブ広告
インターネット広告の表示(内容)タイプの1つ。 一般社団法人インターネット ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]