【セミナーレポート】B2B企業のマーケティング市場の変化とWebサイトに求められるものとは?

【セミナーレポート】B2B企業のマーケティング市場の変化とWebサイトに求められるものとは?
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

冒頭でNTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション株式会社の齊藤氏は、BtoBマーケティング市場規模は毎年右肩上がりに上昇を続けていますが、BtoBマーケティングを実施する上で必ず話題になる「MA」の導入率は、上場企業の場合は「4.3%」、国内企業全体だと「0.5%」程度の導入率となっていて、BtoBマーケティングはこれからさらに伸びていく分野だと語りました。そのため、今後さらにBtoB企業のマーケティング上の競争が激化していくことが考えられ、今のうちからマーケティングに取り組み、そして成功パターンを作っておくことが大切だと語りました。

また、近年のBtoBマーケティングは、「インサイドセールス」と「フィールドセールス」を組み合わせたものが主流になっていると説明。日本企業はこれまで「フィールドセールス」を主体として取り組むことが主流でしたが、近年は「インサイドセールス」を積極的に展開する企業が増えてきており、この2つを組み合わせてマーケティングを展開することが「BtoBマーケティング」と言われるようになっていると説明しました。その原因としては、下記の3点を上げました。

 

続きは、こちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]