「KUSANAGI」 ワンポイントTips Apache利用でアップデートしたら再起動できなくなったときの対処法

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「「KUSANAGI」 ワンポイントTips Apache利用でアップデートしたら再起動できなくなったときの対処法」を公開しました

###

KUSANAGIはデフォルトでNginxの利用になっていますが、動作条件のためにApacheでの利用に変更している人も多いかと思います。

Apacheで利用しているという場合に、アップデートをかけるとプロセスの再起動がエラーになってしまうことがあったので、その対処法を紹介します。

エラー内容と条件

サーバのアップデートを行うために以下のコマンドを実行します。
yum -y update

CentOSやKUSANAGI、その他のシステムのアップデートもこのコマンドで行うことができるのですが、この処理が終わったあと、アップデートを反映させるためにKUSANAGIをリスタートしようとすると・・・
kusanagi restart // KUSANAGIのリスタート

Job for httpd.service failed because the control process exited with error code. See "systemctl status httpd.service" and "journalctl -xe" for details.

このようにエラーメッセージが出てしまうことがあります。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_1834

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]