グローバル・レジストレーション(第4回)- データのスタンダードの「秘密のソース」を明らかにする【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

バーベキューは、地域の好みに合わせて様々に異なるソースやレシピを創り出すことで大きな人気を得ました。カスタマー・データについても同じことがいえるようです。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 バーベキューをお好きな方は多いでしょうが、リブ、ばら肉、ポークなど、その味は地域によって大きく異なります。メンフィスではラブ(rub)とソースですし、シャーロットでは薄味のピリッとしたソースを使います。カンザスシティでは濃いめの甘口のソースが好まれ、テキサスでは辛い味が好まれます。トマトソースは人気の材料ですが、市場を理解することで地域ごとのバリエーションがつくられてきたのです。

 これは、カスタマー・アイデンティティ・データのスタンダードについても同じことがいえます。企業内には、ビジネスユニットをまたがっての基本的なクオリティレベルを保つためのデータ・スタンダードが存在します。全ての地域やブランドに対して名前・ロケーション・メールアドレスといった同一のユーザー情報を収集することを求めるといったシンプルなものかもしれません。これはトマトベースというべきものでしょう。

この記事の続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]