【残席わずか!無料セミナー】ユーザー視点で見直す日本企業のグローバルサイト ~リクルートなど企業サイトの事例から~

2017年7月25日(火)ユーザー視点でのグローバルWebの再構築のポイントについて解説します。
よろしければこちらもご覧ください

日本国内上場企業の海外売上げは、全体の構成比の50%を超え、一方で年間2,500万人を超えてなお増え続ける訪日外国人。日本への注目は2020年を控えて高まる一方です。

本セミナーでは、数多くの日本企業のグローバルWebを支援するA.C.O.と、中国を中心としたアジア向けのデジタル支援実績が豊富なメンバーズが金融系など海外企業のサイト事例などを交えて、ユーザー視点でのグローバルWebの再構築のポイントについて解説します。

▼お申込はこちら
https://marke.members.co.jp/20170725.html

▼概要
●日時:2017年7月25日(火)18:30~20:30(18:00受付開始)
●定員:50名・無料
●対象:企業の経営企画部門、広報・IR部門、マーケティング部門のご担当者
●主催:株式会社メンバーズ
●会場:晴海アイランドトリトンスクエアタワーX37階(東京都中央区晴海1-8-10)アクセス

▼アジェンダ
●ご挨拶 18:30~

●第1部 18:35~19:20
海外から見た日本企業の"間違いあるある"とグローバルWebのポイント
株式会社A.C.O. 取締役/CREATIVE DIRECTOR JAMES BOWSKILL(ボウスキル ジェイムズ)氏

日本企業のグローバルWebの多くが、自社のブランドの価値や製品の魅力などを十分に的確に伝えられていないように見えます。その理由は日本視点・企業視点を中心に考えられ、実際に利用する海外のユーザーやグローバルな視点が欠けていたりするためだと考えられます。本講演では、日本企業のグローバルWebづくりをリードするA.C.O.が、過去の調査から分かる日本企業のよくある誤解や課題、そしてリクルート様などのグローバルサイトプロジェクトの事例から得たこれからのグローバルWebづくりのポイントを解説いたします。

●休憩 19:20~19:30

●第2部 19:30~20:15
グローバルWebに中国向けサイトは必要か?
株式会社メンバーズ インバウンドマーケティング担当 執行役員 神尾 武志  / インバウンドマーケティング室(上海駐在) 沼田 周大

海外事業の重要なマーケットである中国。しかし、法律、グレートファイアウォール、嗜好性など様々な事情から中国向けのデジタル対応は遅れがちです。本講演では、中国向けのマーケティング・Webサイト支援を多く手がけているメンバーズより、中国向けに対応する意義と実施上の注意点、そして中国マーケットに自社のブランドを正しく的確に伝えるためのWeb活用についてのポイントを、いくつかの日本企業の現地ユーザーテスト結果の紹介を交えてお話させて頂きます。

●アンケート記入 20:15~20:30

※登壇者・講演タイトルなどが変更になる場合もございます。

▼お申込はこちら
https://marke.members.co.jp/20170725.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]