Feedmatic、Facebookダイナミック広告において同一アイテムの複数画像表示に対応開始~一つのアイテムに対して複数の画像をカルーセル形式で表示可能に~

ダイナミック広告に特化した広告配信・最適化サービス「Feedmatic」は、Facebookダイナミック広告の同一アイテムに対しての複数画像表示に対応致しました
よろしければこちらもご覧ください

2017年5月15日、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するダイナミック広告配信・最適化サービス「Feedmatic」は、Facebookダイナミック広告の同一アイテムに対しての複数画像表示に対応致しました。

これまで、Facebookダイナミック広告では一つのアイテムに対して一つの画像が表示され、複数のアイテムを並べてカルーセル形式で表示していました。

今回のFeedmaticのアップデートにより、一つのアイテムに対して複数の画像をカルーセル形式で表示することができるようになります。製品カタログ(データフィード)から最大20個の画像をハイライト表示することが可能となります。

例えば不動産サイトの場合、一つのアイテムに対して建物の外観・部屋の内装・間取りなど複数の画像を紹介することができます。

※写真はイメージです。

Feedmaticでは今後も、EC、人材、不動産業界などの幅広い業界の広告運用において蓄積してきた数多くのFacebookダイナミック広告の運用実績やノウハウ、技術力を活かし、Facebookダイナミック広告の効果を最大限発揮する最新機能を積極的に取り入れながら、広告効果の向上に努めてまいります。

Feedmaticとは

Feedmaticは、ダイナミック広告に特化した広告配信・最適化サービスです。Facebookなどのソーシャルメディア上へのダイナミック広告配信に対応しており、データフィードの構築から広告の配信・最適化までを一貫して行うことで、広告効果の最大化を実現します。
https://jp.feedmatic.net/

FeedmaticブログでFacebook広告の最新動向を紹介しています

SNS、インフィード、ダイナミックを軸に、広告やマーケティングのニュースやコラムを発信する「Feedmaticブログ」は下記よりご確認頂けます。
Feedmaticブログ

 

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先> 

株式会社フィードフォース 
担当:澤井、金井
Tel:03-5846-7016(受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く) 
FAX:03-3834-7666
URL:https://www.feedforce.jp/
Email:pr@feedforce.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス