Standard PHP Library(SPL) ArrayIterator&ArrayObjectクラス編

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Standard PHP Library(SPL) ArrayIterator&ArrayObjectクラス編」を公開しました
長々と講釈をたれてきましたIteratorもそろそろここで一段落です。今しばらくおつきあいをいただければと思いますのでよろしくお願いいたします。

さて。11回から14回までの実に4回を使って

foreachでクラスインスタンスを扱う事ができること
Iteratorインターフェイスによって「どのデータをどんな順番で扱うか」を実装出来る事
IteratorAggregateインターフェイスによって「データの塊」と「反復処理」を別々のクラスに分けて実装出来る事
を学んできました。

いやまぁ出来るってのは確かに有難いのですが現実問題として「これを毎回実装するか?」と問われると色々と躊躇が入ります。
で、そこで躊躇せずに済むのはPHPの有難いところです。
具体的には、14章で作ったdataArrayクラスとmyIteratorクラス、あれをもうちょっとしっかりとがっつりと便利にこってりと実装したクラスがすでに存在します。

データの塊を扱える「PHPですでに提供されている」dataArrayクラスをもっと便利にしたクラスをArrayObjectクラスと言います。
また同様に、反復処理を扱える「PHPですでに提供されている」myIteratorクラスをもっと便利にしたクラスをArrayIteratorクラスと言います。
ArrayObjectクラスはコラム10回目の最後で少しだけ出てきましたね。ここで、話がつながります(笑

では。14章のコードと等価なものを、ArrayObjectクラス&ArrayIteratorクラスで実装してみましょう。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/311/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]