RailsとSinatraで同じアプリを作るとどちらの作業量が多い?

ヒューマンリソシア株式会社は「RailsとSinatraで同じアプリを作るとどちらの作業量が多い?
」を公開しました。

みなさんこんにちは!

今月から始まったこのコラムでは、海外で話題に挙がったRuby on Railsネタを提供していきます。

今月のネタ元はこちらです。

『Rails vs. Sinatra by Example』

「例から見るRailsとSinatraとの違い」ですね。

Rails以外のフレームワークも見てみると、Railsの特徴を再確認できるのではないでしょうか。

RubyではRuby on Railsが飛びぬけて有名なフレームワークですが、

Sinatraという軽量フレームワークも人気があります。[Wikipedia]によると、

アップルやBBCなど多くの企業でも使われているようですよ。

両者の特徴をサラッと確認してみましょう。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/2263/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]