ヒューマンリソシア株式会社はコラム「rails console」を公開しました。

enjoy Railsway
vol.1 ‐ 『rails console』
投稿日時:2014/12/10 07:12

カテゴリ: enjoy Railsway

初めまして。トランスネットの泉です。
Rails技術者認定試験のベータ試験で、Rails技術者認定試験運営委員会の吉政さんと面識ができ、
そのご縁で、このコラムを書くことになりました。

このコラムは毎月1本のペースで、学習し始めた方がつまずきやすいポイントや、
Ruby on Railsでの開発がより楽しくなるような技術を、徒然に書いていきたいと思います。

さて、第一回目は「rails console」です。
rails consoleは、Railsアプリケーションを対話的に操作するための機能です。rails consoleを使わなくとも
Railsアプリケーションを作ることはできるため、この機能を知らない方も結構いらっしゃるようです。

普段は ActiveRecordにお任せなのに、DBレコードの確認をするときだけは四苦八苦してSQLを
組み立てたりしていませんか?あるいは、Modelのメソッドを試しに実行してみたいけど、
簡単な方法がわからない……
それでは余りに勿体ない!ということで、rails consoleについてご紹介します。

rails console自体はRails本体に組み込まれている機能ですので、
皆さんのRailsアプリケーションですぐに試すことができます。

また、お気軽に実験していただけるようサンプルアプリケーションを
GitHubに用意しましたので、是非ご利用ください。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/2287/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]