Ruby2.x教材を2015年初夏より無償公開

Ruby2.x教材を2015年初夏より無償公開
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社トランスネット(本社所在地:東京都千代田区 代表取締役社長 五十嵐 善夫、以下トランスネット)とRails技術者認定試験運営委員会(事務局所在地:東京都世田谷区、共同委員長 吉政忠志 以下Rails技術者認定試験運営委員会)はRuby市場の拡大を推進するべく、共同でRuby2.xの教材を無償公開することを発表いたしました。

Ruby2.x教材は2015年初夏にベータ公開する予定です。トランスネットとRails技術者認定試験運営委員会はRuby2.x教材をRuby市場拡大に少しでも貢献できるように、以下の条件にて無償で利用できるようにします。Ruby2.x教材の詳細は以下をご覧ください。

◆Ruby2.x教材について
Ruby2.x教材の概要は以下の通りです。

名称:Ruby2.xテキスト(仮)
想定ページ数:400ページ
Rubyのバージョン:2.x
教材使用料金:無料
ベータ公開予定スケジュール:2015年初夏
公開場所:トランスネットRuby開発・事例サイト https://www.transnet.ne.jp/
※今後の開発進捗はトランスネットRuby開発・事例サイト公式メールマガジンでお届けします。

◆Ruby2.x教材の無償使用の条件
以下以外は自己責任にて無償使用が可能です。

・教育ビジネスの教材として使用する場合
(但しRails技術者認定試験運営委員会の認定スクールに加入している期間は無償で使用可能)認定スクール:http://www.railscp.org/school/

◆Ruby2.x教材目次構成

0. Ruby環境構築
-Linux
-Windows
-OS X

1. Rubyの概要

2. Ruby基礎
-Rubyの簡単なプログラム
-簡単なメソッド
-文字列
-変数と定数
-条件分岐
 繰り返し

3. 基本的な制御構造
-演算子
-条件分岐
 繰り返し
 配列とハッシュ
-例外処理

4. オブジェクト指向
-オブジェクト
-クラス
-インスタンス
-メソッド
-変数定数
-定数
-モジュール
-Mix-in

5. クラス
-数値クラス
-文字列クラス
-配列クラス
-ハッシュクラス
-正規表現クラス
-入出力
-ファイルとディレクトリ
-TimeとDate
-Proc

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]