Ruby市場は本当に伸びているのか?数字から読み取る市場成長率の実際

トランスネットのコラム「Ruby市場は本当に伸びているのか?数字から読み取る市場成長率の実際」が公開されました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

トランスネットのコラム「Ruby市場は本当に伸びているのか?数字から読み取る市場成長率の実際」が公開されました。

###
このコラムを担当する吉政創成の吉政でございます。トランスネットのマーケティング支援を行っているご縁から、このコラムを連載いたします。今回は「Ruby市場は本当に伸びているのか?数字から読み取る市場成長率の実際」と言うタイトルで書きます。

日本だけではなく、世界でもそうだと思うのですが、センセーショナルな市場規模の伸び方をしないと、なかなか調査会社が調査をしてくれません。調査会社が調査をしてくれないと、客観的な市場データが存在しないため、憶測でいろいろな話が出てきます。その憶測で話をしている人が業界の重鎮だったりすると、鵜呑みにしてしまう人が増えたりすることもあります。ただ、どんなに重鎮でもせいぜい一人の人間が見ている範囲は局地的であり、客観的な数字ではありません。

Rubyもまさにそういう感じです。特にRubyは儲かっている会社とそうでない会社の差が激しいので、そうなりがちです。良く聞く言葉としては「Ruby?昔流行ったよね」、「Rubyは西日本側ではやっている技術ですよね」、「Rubyやるとビジネスがガラパゴス化しそう」、「Rubyやったのに全然儲からないです」などなど、様々な意見がありますが、どれも正確ではないと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/bbj64zbba-24/#_24

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]