HTML5 で Windows、Mac、Linux 向けデスクトップアプリが開発できる「Monaca」

HTML5アプリ開発プラットフォームのMonacaがChrome Apps に対応
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

アシアル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中正裕)は、HTML5アプリ開発プラットフォームMoancaにChrome Apps開発機能を提供開始したことを発表します。

Chrome Appsは、Googleが提供するChrome OS、Windows、Mac、Linux向けに提供開始した新しいタイプのアプリケーションです。デスクトップに対応したChrome Appsは、Churomeブラウザ上だけでなく、WindowsやMacの端末上でネイティブアプリのように実行できます。

このため、Monacaが提供するChrome Apps開発機能を利用することで、開発者は、HTML5やJavaScriptといったWeb標準技術を用いてWindowsやMac向けのデスクトップアプリ開発ができるようになります。

Monacaではこれまで、約5万人の開発者によってiOS向け、Android向けを中心とした2,000以上の公開アプリが生み出されています。MonacaがChrome Apps対応することによって、開発者がモバイル端末以外にもアプリを公開、配信する選択肢が広がり、より多くのアプリが生み出されることが期待されます。

Monacaが提供するChrome Apps関連機能は以下の通りです。

・Chrome Appsの開発機能
 HTML5を使ってChrome Apps開発を行うためのコーディング環境を提供します

・Chrome Apps版Monaca デバッガー
 Monacaで開発を行ったChrome AppsをPCやMac、Chrome OS端末上での動作確認を行うためのツールを提供します

・Chrome Appsのビルド機能
 アプリのアイコンや権限設定の設定を行い、Chrome Appsのビルドを行うことができます

◆Monacaについて
http://monaca.mobi/ja
「Monaca」はアシアル株式会社が提供するiOS、Android、Windows 8 に対応したクラウド型のモバイルアプリ開発プラットフォームです。開発者はHTML5を活用しながらワンソースで複数のOS向けのアプリを開発することが できます。開発者はブラウザからMonacaにアクセスするだけで、プログラムコードの作成、デバッグ、およびアプリのビルドまでを一貫して行うことがで きます。これにより、従来のネイティブベースのモバイルアプリ開発手法と比べ、より効率的に開発を行うことができます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]