レスポンシブwebデザインの普及率は何%??

最近よく聞くレスポンシブwebデザインの普及率は何%??
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

1つのサイトでPC・タブレット・スマホ等、全てのデバイスに対応できるレスポンシブwebデザイン。
最近それにより制作されたサイトがちらほら見られるようになってきましたが、その普及率は一体何%なのでしょうか?
簡単にですが、調べてみました。

調査条件、またソース元は以下になります。
【調査条件】
・国内・国外問わずレスポンシブwebデザインにより制作されたサイト
・2012年一年間の中で

【ソース元】
国内メインのサイトギャラリー「i/o3000様」
http://io3000.com/
国外メインのサイトギャラリー「AWWWARDS様」
http://www.awwwards.com/

上記2つのサイトで2012年にアップされたサイトからレスポンシブのタグ付けされたものを割り、計算しました。
(もっと数多くのギャラリーを参照したかったのですが、レスポンシブのタグ付けが上記のサイトしかなく、やむなく2つのみから計算しました)

結果は‥

意外な数字でした。

結果の数字は下記ブログにて公表しております。
この数字が、皆様のサイト制作の参考になれば幸いです。

http://www.ms321-co.com/blog/

記事投稿者

株式会社エムズ
全日本能率連盟登録資格Webディレクター
GoogleアナリティクスIQ
吉永 尚由
http://www.ms321-co.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]