コンテンツマーケティングは頭で考えすぎるとなにも始まらない

コンテンツマーケティングは形から入らないで情が入っているテーマ出始めること。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

形から、理論から入ろうとすると何もできなくなるのが初心者だ!

だから、コンテンツマーケティングが初めてな方は、専門家が言うようなやり方で最初からやらないほうが良いかもしれない。

コンテンツマーケティングの一番の難しさは、質の良い、興味がわくコンテンツを提供し続けるかどうかである。これができているという前提でコンテンツマーケティングの理論と戦略が初めて役に立つ。

そして、

多くの初心者は、記事を書き続けられない現実にぶつかる。

誰でもがコンテンツマーケティングを実践できると思わないで頂きたい。誰でもが挑戦できるが、多くの人は継続して良い記事ネタを提供し続けられない。

ブログの日記ならば問題なくできるのに!

ターゲットを絞り込んだコンテンツ記事を継続的に書き続けられない人が多い。これは、普通であると思う。なので、誰でもがコンテンツマーケティングをやれるというわけではない。

初心者はこんなやり方でコンテンツマーケティングを・・・

自分が一番興味を持っているテーマを決める。自分の情が入り込めるテーマであれば、自然と情報が自分の方向に集まってくるからだ。

テーマに沿ったターゲットユーザーのニーズを推測してそのニーズに合うようなコンテンツを書き始める。
情報が自分に集まってくるので後はニーズに合うように情報を加工するだけである。情が入っているテーマは自然と自分がいつも探し求めているので情報がたまりやすい。

私のサイト Joomla CMSサイト構築専門サービス と コンテンツマーケティングは、私の情が込められているサイトである。Joomlaに惚れ込んでいるからいつも自然な形でJoomlaに関する情報が入ってくる。

これを頭で考えて戦略的に最初からやろうとすると数回記事を書いてその先が進まない。経験者は語るである。

==>参考記事

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]