ページにメールアドレスを書くと自動的に暗号化されるJoomla CMS

メール・アドレスをスパマーに取られないクローキング機能があるJoomla
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

自動的にメールアドレスが暗号化

ホームページでお問合せ用のメールアドレスをページに書く場合が多いのですが、必ず、ページに書かれたメールアドレスは、スパマーに取られて迷惑メールが沢山送られるようになります。

Joomla CMSでは、標準でページに書かれたメールアドレスをクローキング(暗号化)します。表のページでは、普通のメールアドレスとして表示されるのですがソースコードを見ますと暗号化されています。そのため、スパマーがホームページに書かれているメールアドレスをプログラムで盗もうとしても暗号化されているためメールアドレスとして認識できません。

メールアドレスのクローキング機能があることで安心してメールアドレスをホームページに記載できます。

Joomlaでは、お問合せフォーム機能も提供しますのでフォームとメールアドレスを上手く使うことでお客様からのお問合せを逃しません。お問合せフォームがエラーで起動しない時は、どうしても、メール・アドレスの記載が必要です。

無料のメール・アドレスを使用しても良いのですが、会社のホームページであれば会社のドメインメール・アドレスを使うことになります。その点では、此のクローキング機能は安心材料になります。

スパマーにメール・アドレスを取られないようにするためにメール・アドレスだけを画像にしたり、@マークを全角にして説明を加えたり、色々と工夫をしているホームページがありますがユーザーに負担を与えます。

Joomlaのページでメール・アドレスを記載すれば、自動的にメールリンクとして認識されます。下記のリンク先のページでソースを見て下さい。メール・アドレスの部分だけが暗号化されていることが分かるはずです。

=>Joomlaのメール・アドレス自動暗号化

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]