ニュースリリース「国内向けのスマートフォン無料企業アプリ調査結果発表」

国内向けスマートフォン無料企業アプリの約半数は、iPhoneとAndroidに提供。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

国内向けスマートフォン無料企業アプリの約半数は、iPhoneとAndroidに提供。

株式会社あとらす二十一は、急速なスマートフォンの普及に伴い、国内の企業が続々とリリースするスマートフォンアプリの実態調査を行いました。日本市場向けに提供される、iPhoneアプリやAndroidアプリなど300以上の企業アプリの傾向を分析しています。なお、今回の調査では、他の業界と比べアプリの活用が突出している情報・通信、マスコミは除外いたしました。
.
【国内向けスマートフォン無料企業アプリ実態調査結果サマリー】
■提供デバイスは、iPhone、Android両方が約5割
■ユーザー満足度は、iPhoneアプリよりAndroidアプリの方が高い傾向
■評価者数は、25人以下のアプリが約5割容量(サイズ)は、全般的にiPhoneアプリの方が大きい
■企業Androidアプリのインストール数は、1万件より多いアプリが5割を超える
■提供業種の比率は、メーカーとサービス業で7割を超える

1.スマートフォン企業アプリ提供デバイス別比率

約半数のアプリは、iPhone、Androidの両方に提供されている。約1割は、iPhone、iPadの双方に対応している。

2.スマートフォン企業アプリ平均評価別比率

Androidアプリは、3~5の評価が8割弱、一方iPhoneアプリは同評価が4割強で、 Androidアプリの方が評価が高い傾向がある。

3.スマートフォン企業アプリ評価者数別比率

ほぼ半数のアプリは評価者数が25人以下である。100人より評価者数が多いアプリは3割に満たない。

4.スマートフォン企業アプリ容量(サイズ)別比率

iPhoneアプリの約45%、(Androidアプリ約70%)が5MB以下。10MBより大きいiPhoneアプリは約40%( Androidアプリ約20%)。全般的にiPhoneアプリの方が容量が大きい。

5.Android企業アプリ インストール件数別比率

Androidアプリのインストール数は、約半数が5,000件~5万件、約2割は5万件より多い。

6.スマートフォン企業アプリ提供業種別比率

メーカーは約6割を占め多様なアプリを提供、金融関連企業はトレーディングアプリ等を多数提供している。

【国内向けスマートフォン無料企業アプリ実態調査】
調査内容:国内向けにリリースされているスマートフォン無料企業アプリの実態調査
調査方法:App store/Google Playに提供されている各アプリの掲載ページを目視調査
調査期間:2012年2月16日(木)~2月22日(水)
調査対象:App store/Google Playに提供されている国内向けスマートフォン無料企業アプリ
調査対象アプリ本数:320本.
詳細は、以下のサイトをご覧ください。
http://at21.jp/web/topic/topic01.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スニペット
検索エンジンにキーワードを入力して表示される検索結果ページで、検索結果の各項目に ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]