Googleキーワード最適化ツール日本語版リリース

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

AdWordsの強い味方になるのか!?

Googleがアドワーズ広告主の検索キーワード選定を支援するツール「キーワード最適化ツール」の日本版を公開しました。

このツールは、対象サイトのURLと、キーワードを入力することで、候補キーワードのリスト出力してくれるというとても便利なツールです。

Googleキーワード最適化ツール
http://www.google.co.jp/sktool/

既に米国ではリリースされていましたが、この度日本版対応となって公開されたという感じです。

このツールの優れた所は、アドワーズアカウントでログインしている状態で利用すると、広告で使用しているワードを除外したキーワード候補リストを表示するところです。

以前働いていた職場の上司が言っていた名言を拝借すると、「キーワードは生き物」というものがあるのですが、検索ワードというのはその時々のトレンドや、時代背景によって需要が変化するという意味なのですが、本当にそうだなぁと思わずにはいられません。

これまたGoogleがリリースしているサービスである、「Googleトレンド」で色々なワードを調査してみて欲しいのですが、年中まったく動きのないものもあれば、あるシーズンだけ膨大に検索されているものや、テレビ放送の影響を受けて爆発的に検索されているなど、様々なケースが垣間見えます。

SEO(検索エンジン最適化)やPPC(クリック課金型広告)に従事しているマーケッターであれば、皆が口を揃えていうことでしょうが、この検索ワードを模索してマーケティング活動することが「SEM(検索エンジンマーケティング)」の大黒柱になるのです。

その大黒柱を支援してくれるツールとして、今回リリースされた「キーワード最適化ツール」はとても有用なものであることは疑いようもありません。

但し、優秀なマーケッターの皆さんは、死ぬ気でワードを搾り出して試作しているでしょうから、ワードがほとんどカブッてしまうかもしれませんがw

でも、もしかしたらのミラクルなキーワードを、発掘してくれるかもしれませんよ。

===================================
SEO対策レポートhttp://seo.anabebe.com/
===================================

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]