スマート棚市場ーコンポーネント別(RFIDタグとリーダー、ESL、IoTセンサー、カメラ、ソフトウェアとソリューション)、アプリケーション別、組織の規模別および地域別ー世界的な予測2030年

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年05月25日(火)
SDKI Inc.
SDKI Inc.が「スマート棚市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年05月25日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2021ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-114064


smart-shelves-market
スマート棚市場は、2020年に18億米ドルの価値を保持しました。2021年に約22億米ドルの市場価値から、2030年までに約168億米ドルに達すると推定され、予測期間中に25.1%のCAGRで成長すると予想されています。スマート棚市場の成長は、よりスマートな補充決定とリアルタイムのエンゲージメントを行うための強化された在庫管理の採用によって推進されています。また、より良いスマートショッピングのための自動化とインテリジェンスの使用は、スマート棚ソリューションの需要を後押しします。これにより、予測期間中に世界中のスマート棚市場の成長が促進されます。しかし、組み込みデータタグに関連するプライバシーの懸念は、市場の成長を妨げる可能性があります。

市場セグメント
スマート棚市場は、コンポーネント別(RFIDタグとリーダー、ESL、IoTセンサー、カメラ、ソフトウェアとソリューション)、アプリケーション別(在庫管理、価格管理、コンテンツ管理、プラノグラム管理)、組織の規模別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

コンポーネントに基づいて、ソフトウェアとソリューションセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。

ソフトウェアとソリューションは不可欠なツールとプラットフォームであり、シェルフコンポーネントとクラウドサーバーおよびゲートウェイの間の接続を構築するために使用されます。店舗での実行、カテゴリの分析と計画、在庫の最適化、価格、プロモーションコンプライアンス、店舗の監視とインテリジェンス、およびプラノグラムの監視は、スマート棚ソフトウェアとソリューションの主要なインスタンスの一部です。さらに、COVID-19は、物理環境をリモートサーバーに接続するために、小売店でのソフトウェアとソリューションの需要を増やしています。COVID-19パンデミックは、デジタル技術と在宅勤務の原則に革命をもたらしました。小売業でも、在庫、プラノグラム、価格設定とオファー、および製品のコンテンツ管理をリアルタイムで監視と追跡することが不可欠になり、それによってスマート棚の採用にも影響を与えています。

大企業セグメントは、予測期間中により高い市場シェアを占めると予想されます。

組織の規模に基づいて、スマート棚市場は中小企業と大企業に分割されます。大企業(またはスーパーマーケットなどの大規模小売店)は早期採用者であり、市場の収益を生み出す上で最も重要な貢献者です。スマート棚テクノロジーは市場で新しく、小売業者によるさまざまな展開および実装テストを受けています。一方、大企業と比較して、中小企業は着実な成長率で成長しています。しかし、2ー5年後には、このセグメントでスマート棚テクノロジーの採用率が高くなると予想されます。

地域概要
さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域は予測期間中に最高の速度で成長すると予想されます。中国、日本、オーストラリア、シンガポール、韓国などのアジア太平洋地域の主要な先進国は、スマート棚市場の潜在的な国になると予想されます。アジア太平洋地域のさまざまな国の経済改革プログラムは、スマート棚市場のメーカーに成長の機会を生み出しています。また、この地域での大規模小売業者の拡大は、この地域の市場の高い成長率の主な要因です。さらに、オンライン小売および小売業者の問題に対抗するためのIoTの導入、および消費者の嗜好の変化は、スマート棚市場を後押しすると予想されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:


アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

市場の主要なキープレーヤー
スマート棚市場の主要なキープレーヤーには、Happiest minds(インド)、Intel(米国)、PCCW Solutions(香港)、Avery Dennison(米国)、Honeywell(米国)、Huawei Technologies Co. Ltd(中国)、NXP Semiconductor(オランダ)、E-Ink Holdings(台湾)、Samsung Electronics(韓国)、DIEBOLD NIXDORF、Incorporated(米国)、Software AG(ドイツ)、SoluM(韓国)、MINEW(中国)、TraxRetail(シンガポール)、NEXCOM(台湾)、Pricer(スウェーデン)、 Dreamztech Solutions Inc(米国)、Sennco Solutions、Inc(米国)、Tronitag(ドイツ)、MAGO SA(ポーランド)、SES-IMAGOTAG(フランス)、AWM Smart Shelf(米国)、Wiseshelf(イスラエル)、Trigo(イスラエル)、 Caper(米国)、Zippin(米国)、Focal Systems(英国)などがあります。この調査には、スマート棚市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/smart-shelves-market/114064

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]