日・米・中の3か国を対象にアンケートの回答傾向を比較したレポートを、リサーチャーがセミナーにて解説

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2023年12月08日(金)
株式会社アスマーク
日本人は「どちらでもない」を回答しやすい?海外調査において文化や慣習差が与える、調査データへの影響を徹底紹介します。

株式会社アスマーク(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、2023年12月22日(金)14:00に、日本・米国・中国を対象に回答傾向の差を調査した「グローバル実験調査レポート」について、リサーチャーの解説セミナーを開催いたします。



【 無料お申込みはこちらから 】
https://www.asmarq.co.jp/seminar/researcher_global231222/

【 このような方へお勧め 】
グローバルリサーチ(海外調査)の実施を検討している

国籍バイアスを排除した調査を設計したい

グローバルリサーチの品質を上げたい



【 背景 】
アスマークでは海外調査(グローバルリサーチ)においても長年、実務~レポーティングまでを広く手掛ける中で、調査票設計もローカライズをすべきではないか?と疑問に持ちます。例えば『日本人は「どちらでもない」などの中間回答の割合が多いのではないか?』や、『注釈を読む/読まないなどの割合は、国別で差があるのではないか』などの仮説がありました。

そこで先日は当社では、海外に向けてリサーチを行う際に、文化や慣習の差からくる「注意すべきポイントやコツ」を、初の海外における実験調査形式でまとめリリース。日本・米国・中国を対象国とし、800名のモニター回答をグローバルに比較しています。

今回は、回答品質向上のための実験調査でもおなじみ、本調査レポートの企画~設計を行うリサーチャー里村が、3か国におけるアンケート回答実態を実際の調査事例から比較解説いたします。この機会に、海外調査の実務に役立つ、抑えておきたいポイントやコツをご理解いただけましたら幸いです。

【 セミナー概要 】 ※事前収録したセミナー動画を、公開する形式にてお送りいたします。
タイトル:「グローバル実験調査」リサーチャー解説セミナー

開催日時:2023年12月22日(金) 14:00-15:00

定員  :1,000 名

参加費用:無料

登壇者 :株式会社アスマーク リサーチャー 里村 雅幸

ファシリテーター:株式会社アスマーク マーケティングコミュニケーションG 畠 紀恵



【 プログラム 】
調査結果解説:国別比較・マトリクス設問の回答傾向

調査結果解説:国別比較・動画設問の離脱率検証

調査結果解説:国別比較・改ページの有無や選択肢数の違いによる影響

調査結果解説:国別比較・注釈の理解浸透度


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
Google Search Consoleの旧称。 同義語 の「Googl ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]