【7/20開催】SBC代表相川佳之氏が語る、コロナ不況に打ち勝つ 究極の「三方良し」経営

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年07月01日(水)
アチーブメント株式会社
書籍やドキュメンタリー番組では語られなかったSBCグループの「実学の経営メソッド」を一挙公開

「好きな言葉は情熱です」のCMと言えば、多くの方がご存知のことでしょう。日本一の美容クリニックとして知られる「SBCメディカルグループ」の相川佳之氏。2000年に開院し、「料金表の提示」や「治療プロセスの公開」といった、業界ではタブーとされてきたことを破りながら、90%の方がリピーターという圧倒的な満足度の高さを記録しています。今では4500名が在籍する組織のトップを務めていますが、ずっと大切にしてきたのは「理念経営」だと話されます。今回のセミナーでは、そのメディアには取り上げられてこなかった成長秘話や経営メソッドを、相川氏が理念経営を学び続けてきたアチーブメント株式会社代表の青木仁志とともにご紹介してまいります。



■「変化」が求められる企業の指針となるのは一体何か?


新型コロナウイルスの影響で、多くの業界が打撃を受けており、生活様式も働き方も、ビジネスモデルも、今まで通りのやり方ではうまく行かず、何かしらの「変化」が求められていることと思います。しかし、「変化」とはリスクが伴うものであり、企業であれば、組織風土や取り組みをいきなり変えると、社員が混乱して、結束が失われ、崩壊してしまう恐れもあります。一体どうしたら、組織が一致団結する「変化」を創り出せるのかと悩まれる、経営者・管理職の方向けに、メッセージをされるのは、SBCメディカルグループ代表の相川佳之氏です。


■「理念」があるからこそ、迷わずに「変化」し、圧倒的に成長できる

組織を牽引し業界No.1を手にしてきた
SBCメディカルグループは、2000年の設立以降、わずか20年で国内外100院以上の展開を実現し、スタッフ数は実に4500名を超えています。その規模でありながら、リピート率90%以上という圧倒的な満足度を誇っています。ここまで成長を遂げてきたなかで、「料金表の提示」や「治療プロセスの公開」といった、業界でタブーとされてきたことを数々破ってこられましたが、その社史はまさに「変化」の連続であり、業界の常識を変えてきた「変革」を成し遂げてこられています。「変化」をし続けながら、組織の一致団結を作り続け、高いサービスクオリティを保ち続けられる秘訣は何かと聞くと、三方良しを徹底的に追求してきた『理念経営』にあると相川氏は言うのです。


■テレビや書籍では明かされなかった飛躍の舞台裏を一挙公開します
相川氏がなぜ『理念経営』に目覚めたのか。それは今回のもうひとりの講師を務めるアチーブメント代表の青木仁志との出会いから始まります。青木は自身が講師を務める『頂点への道』講座を、実に28年間毎月開催し続けてきました。そのなかで、理念に根ざした経営の大切さをお伝えし、これまで5000名以上の経営者がご受講されてこられましたが、相川氏もほかならぬその受講生のお一人です。本セミナーでは、『理念経営』と出会い、そこからどのようにして自組織に取り入れたのかを相川氏がお伝えし、そして『理念経営』の真髄を青木が直接紐解いてまいります。経営者の皆様にぜひともおすすめしたいセミナーです。


■セミナー概要
日 時:7月20日(月)18:30~20:30
場 所:zoomウェビナーにてオンライン開催
参加費:3000円
講 師:相川 佳之(SBCメディカルグループ 代表)、青木 仁志(アチーブメント株式会社 代表取締役会長 兼 社長)
詳 細:https://achievement.co.jp/experience/triple-win/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]