QRコード決済、約2人に1人が「PayPay」を利用。満足度トップは「楽天ペイ」【MMD研究所調べ】

PayPay・楽天ペイ・d払い・au PAYの上位4サービスが全体の93.2%を占める。

MMDLaboが運営するMMD研究所は、「2024年3月 QRコード決済の利用に関する調査」を実施した。予備調査では18歳~69歳の男女25,000人、本調査ではQRコード決済利用上位4サービスメイン利用者2,000人が回答している。

QRコード決済の利用率1位は「PayPay」、満足度1位は「楽天ペイ」

現在利用しているQRコード決済(複数回答可)

まず、スマートフォンを所有している22,797人を対象に、現在利用しているQRコード決済を聞いたところ、「PayPay」が49.5%と圧倒的に多く、ついで「楽天ペイ」が25.9%、「d払い」が21.2%となった。

メインで利用しているQRコード決済

また、QRコード決済利用者16,910人を対象に、メインで利用しているQRコード決済を聞いたところ、「PayPay」が46.3%、「楽天ペイ」が19.4%、「d払い」が16.2%、「au PAY」が11.3%と、上位4サービスが全体の93.2%を占める結果となった。

メイン利用しているQRコード決済4サービスの総合満足度

メイン利用しているQRコード決済4サービスの総合満足度を聞くと、満足・やや満足を合わせた割合は「楽天ペイ」が78.0%で最も高く、ついで「PayPay」と「d払い」が74.6%、「au PAY」が70.0%となった。

メインで利用しているQRコード決済4サービスを利用している理由(複数回答可)

上位4サービスのQRコード決済を利用している理由を聞いたところ、いずれのサービスにおいても「ポイントがたくさん貯まるから」がトップに。2位以降の回答では、PayPayは「会計がスピーディーに終わるから」、楽天ペイ・d払い・au PAYは「普段使っているサービスとポイントが連動しているから」と続いた。

調査概要

  • 【調査期間】2024年3月22日~3月25日
  • 【有効回答数】
    <予備調査>25,000人 ※人口構成比に合わせてウエイトバックを実施
    <本調査>2,000人 ※PayPay(n=500)、楽天ペイ(n=500)、d払い(n=500)、au PAY(n=500)
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査対象】
    <予備調査>18歳~69歳の男女
    <本調査>QRコード決済利用上位4サービスメイン利用者
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]