「スマホ用Google広告版Looker Studio無料テンプレート」のダークテーマの配布を開始

アジト、背景が黒色で目の負担を軽減、スマートフォンで手軽にサマリーチェックが可能

マーケティング技術開発・運営のアジトは、同社の広告データ収集・蓄積・レポート作成自動化ツール「Databeat」で提供する「スマホ用Google広告版Looker Studio無料テンプレート」のダークテーマ(黒を基調にした色)の配布を始めた、と4月12日発表した。背景が黒色のため画面が見やすく、目の負担を軽減するという。

記事アイコン

2023年12月に公開したスマホ用Google広告版Looker Studio無料テンプレートのダークテーマ版。GoogleのBI(ビジネスインテリジェンス)ツール「Looker Studio(旧Googleデータポータル)」のテンプレートで、ウェブ広告の主要媒体「Google広告」のサマリーがスマートフォンで手軽にチェックできるように最適化している。

通常の白ベース
ダークテーマ

出稿している広告のパフォーマンスなどはGoogle広告のモバイルアプリでチェック可能だが、広告アカウントの権限がないと閲覧できないうえ、Google広告の管理画面が分かりにくいという指摘もある。そのため、スマホ用Google広告版Looker Studio無料テンプレートを開発した。Databeatを契約していなくても利用できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]