コミュニケーションシステム「WEBCAS」の新サービス「WEBCAS realtime SMS」を開始

WOW WORLD、APIリクエストを受け付けて本人確認用のSMSを配信、予約の確認通知にも

コミュニケーションシステムなどを開発・展開するWOW WORLD(ワオワールド)は、同システム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの新サービス「WEBCAS realtime SMS(リアルタイムエスエムエス)」を4月9日に始めた、と同日発表した。企業のシステムからAPIリクエストを受け付け、本人確認用のSMSが配信できる。予約のリマインドなどの通知にも利用が可能。

活用イメージ

SMSを活用する企業が増える中、WOW WORLDは手動で一斉配信するサービス「WEBCAS SMS」を提供している。今回、セキュリティ強化を目的に本人認証でSMSを利用するニーズが高まっているため、WEBCAS realtime SMSを開発した。1リクエストにつき1通か複数配信でき、名前、ポイント数、予約内容など、さまざまな属性情報をメッセージの中に差し込める。

「WEBCAS realtime SMS」の概要

サービス・アプリ登録時にSMSで確認リンクを送ることで本人確認したり、特定操作の実行確認用のワンタイムパスワードを通知したりできるほか、病院やレストランでの当日予約の呼び出しや翌日の予約確認のリマインドに活用が可能。契約更新のタイミングで案内を送ることにも使える。利用客にアンケートへの回答を求めるSMSで満足度もチェックできる。

WOW WORLDは、APIリクエストを受け付けてメールを配信するAPIシステム「WEBCAS realtime mail」も展開している。SMS配信のWEBCAS realtime SMSと同じプラットフォームで利用でき、用途に合わせてメールとSMSを使い分けられる。会員情報を変更する時の認証コードをSMSで送信し、会員情報の変更完了通知はメールで送信するといった運用が可能になる。

同じプラットフォーム上でSMSとメールが利用可能
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]