ファミリーマートが店舗で提供するプラスチック製のスプーンやストローなどを有料化

約100店の直営店舗で先行実施、プラスチック使用量の削減が目的、6品目を6円か4円に

コンビニエンスストアを展開するファミリーマートは、店舗で無料提供しているプラスチック製のスプーンやストローなどを有料にする、と1月19日発表した。約100店の直営店舗で1月29日に先行して始め、来店客の声や店舗のオペレーションをなどを検証して全国の店舗への拡大を検討する。プラスチック使用量の削減を目的にする。

有料化するのはスプーン、デザート用スプーン大、デザート用スプーン小、フォーク、ストロー、曲がるストローの6品目。スプーンとフォークは6円(税込み)、他の4品目は4円(同)に設定した。ファミリーマートは2021年9月にスプーンを軽量タイプに変更し、2022年10月にはプラスチック製フォークの店頭での提供を原則取りやめた。

スプーン・フォーク・ストローの提供を有料化

今回、プラスチック削減を一層推進するため有料化する。プラスチック使用量が年間約4t削減でき、全国の店舗に広げると年間約715tの削減が見込めるという。ファミリーマートは環境の中長期的目標「ファミマecoビジョン2050」のプラスチック対策で環境配慮型素材の使用割合を2030年に60%、2050年に100%する、としている。

「ファミマecoビジョン2050」の概要   
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

DoS
DoS(DoS攻撃)とは、セキュリティ攻撃の一種。 サーバーに対して通常の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]