「LINEプロフィールスタジオ」で顔写真からAIがキャラクターを生成する「AIトゥーン」提供

LINEヤフー、「LINE」アプリのプロフィールに設定、画像として各種SNSなどでも利用が可能

LINEヤフーは、同社のコミュニケーションアプリ「LINE」内のサービス「LINEプロフィールスタジオ」で、ユーザーの顔写真を基にAI(人工知能)が似たキャラクターのビジュアルイメージを生成する「AIトゥーン」の提供を始めた、と12月27日発表した。イメージはLINEアプリのプロフィールに設定できるほか、画像として各種SNSなどで利用が可能。

LINEプロフィールスタジオは、LINEアプリのプロフィールを楽しむサービス。AIトゥーンは、自分の顔写真を8~12枚登録すると、よく似たキャラクターのビジュアルイメージをAIが50枚生成するコンテンツで、50枚は「ベーシック」「デイリー」「スポーツ」「アドベンチャー」「ラブリー/ジェントル」の各カテゴリーの画像が10枚ずつとなる。

同じ顔写真を登録した場合でもAIが生成するビジュアルイメージは毎回異なる。キャラクターになるとどんな姿か、それぞれのカテゴリーで違う世界観の画像が楽しめる。LINEアプリのバージョン13.11.0以降に対応。50枚のイメージを短時間で生成する「エクスプレス」は220LINEコイン、24時間後に生成する「スタンダード」は160LINEコイン。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PageRankスカルプティング
サイト内の一部のリンクに対してnofollow属性を意図的に指定することで、それ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]