スマホ・SNS時代になっても残る単語「写メ」、10~30代で「知らない」という人は何%ぐらい?【サウナーチ調べ】

「写メをよく知っている」との回答は、男性より女性が多い。

CREAKSが運営するサウナーチは、「写メ」に関する調査結果を発表した。15歳~39歳の男女300人がアンケートに回答している。

「写メ」は、写真+メールの略語。携帯電話時代に生まれたワードで、メールの添付ファイルとして写真を送ること、そうした画像付きメールや画像そのもののことを指す。

「写メを聞いたことがない・知らない」10代男性だと3割近く

まず「写メを知っていますか?」と聞くと「よく知っている」48.33%が最多。以下「少し知っている」27%、「知らない」14.33%、「聞いたことはある」10.33%と続く。

写メは携帯電話時代のもので、モバイル機器がスマホに移行し、NSでの画像共有サービスが中心となったことで、実際に使う機会は激減した。一方似たイメージで「スマホで写真を撮ること」「SNSのメッセージで写真を送ること」などを写メと呼ぶ人も多く、単語は残ったと思われる。

「写メを聞いたことがない・知らない」の回答を世代・男女別で見ると、「10代男性」27.59%が最も多く、20代・30代平均と比べてほぼ倍だった。

逆に「写メをよく知っている」の回答を男女別で見ると、男性が40.60%、女性が54.49%で、女性のほうが1.3倍高かった。女性から支持された初期Instagramなどを、写メ文化から発展したと考えることもできるだろう。

調査概要

  • 【調査対象】15歳~39歳の男女
  • 【調査方法】ネットリサーチ
  • 【調査時期】2023年10月31日
  • 【有効回答数】300人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]