ECでカゴ落ちされた理由、「購入を見送ったため」6割、「送料が発生することが分かったため」4割

ECサイトを週に1回以上利用している男女1090人に、ECサイトのカゴ落ちに関する実態調査を実施した

ECマーケティング支援のザオリクが実施したインターネット調査「ECサイトのカゴ落ちに関する実態調査」で、回答者の76.1%がECサイトの利用時に「カゴ落ち」した経験があると答えた。

「カゴ落ち」の理由で最も多かったのは「購入を見送ったため」(65.0%)。「送料が発生することが分かったため」が43.3%、「他の商品やページを閲覧している間に忘れたため」が26.9%で続いた。

ECマーケティング支援のザオリクが実施したインターネット調査「ECサイトのカゴ落ちに関する実態調査」
「カゴ落ち」の理由

「カゴ落ち」した理由の自由回答では、「保留してる間に品切れになった」「他のサイトで買うことにした」「価格がカゴに入れた時より上がったため」などがあがった。

「カゴ落ち」に時間が経過してから気が付き、後悔した経験があるか聞いたところ、4割以上が後悔したと回答。

ECマーケティング支援のザオリクが実施したインターネット調査「ECサイトのカゴ落ちに関する実態調査」
「カゴ落ち」で後悔した経験

その理由では、「値上がりしていたから」が57.1%で最も多く、「商品が売り切れていたから」が51.6%、「セール期間が終わっていたから」が50.4%で続いた。

ECマーケティング支援のザオリクが実施したインターネット調査「ECサイトのカゴ落ちに関する実態調査」
「カゴ落ち」で後悔した理由

ECサイト運営者からの「カゴ落ち」後のリマインドについては、「非常に役に立つ」が13.9%、「やや役に立つ」が41.5%。カートのリマインド機能に約6割が前向きな意向を示している。

ECマーケティング支援のザオリクが実施したインターネット調査「ECサイトのカゴ落ちに関する実態調査」
「カゴ落ち」後のリマインドについて

その理由のトップは「購入し忘れを防ぐことができるから」で55.6%。「お得なタイミングを逃すことが減りそうだから」が43.0%、「ネットショッピングがより効率的になるから」が41.3%だった。

ECマーケティング支援のザオリクが実施したインターネット調査「ECサイトのカゴ落ちに関する実態調査」
リマインドの仕組みに前向きな理由

なお、米国の調査会社Baymard Instituteが実施した2023年の「カゴ落ち」に関する調査によると、カゴ落ち率の平均は70.19%だった。

調査概要

  • 調査名称:ECサイトのカゴ落ちに関する実態調査
  • 調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
  • 調査期間:2023年9月12日~9月13日
  • 有効回答:ECサイトを週に1回以上利用している男女1090人

オリジナル記事はこちら:カゴ落ちの理由は6割が「購入を見送ったため」、4割が「送料が発生することが分かったため」(2023/11/27)

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

視聴率
あるエリアにおいて、あるテレビ番組やコマーシャルがどれくらい視聴されているかを示 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]