Z世代SNSトレンドグランプリ2023、インフルエンサー部門1位は「ちょんまげ小僧」!【テテマーチ調べ】

タレント部門1位は「新しい学校のリーダーズ」、コンテンツ部門1位は「BeReal」など。

テテマーチのZ世代マーケ研究室「lookey」(ルーキー)は、「Z世代SNSトレンドグランプリ2023」を発表した。今年のSNSトレンドについて「インフルエンサー部門」「タレント部門」「コンテンツ部門」「スポット部門」「グルメ部門」の5部門について、19歳~23歳のZ世代400人が回答、その結果をランキング化している。

インフルエンサー・タレント・コンテンツ・スポット・グルメの5部門でZ世代の人気を集計

その結果、各部門の1位は、以下のようになった。

  • インフルエンサー部門:ちょんまげ小僧
  • タレント部門:新しい学校のリーダーズ
  • コンテンツ部門:BeReal
  • スポット部門:ワーナーブラザース スタジオツアー東京 ― メイキング・オブ・ハリー・ポッター
  • グルメ部門:みそきん

インフルエンサー部門1位の「ちょんまげ小僧は現役中学生の6人組グループYouTuber。「ひき肉です」のフレーズも流行り、大きく躍進した。2位の「のっく」は“犬系彼女”の「ののちさん」がUFOキャッチャーが取れず泣く動画が話題になった。

タレント部門1位の「新しい学校のリーダーズ」は4人組女性ダンスボーカルユニットで、紅白出場も決まった期待の新星だ。同じく紅白初出場の「あの」ちゃんは、独特なファッションとマイペースなキャラクターで人気となっている。

コンテンツ部門1位の「BeReal」はフランス発のSNSアプリ。アプリに通知が送られてきたら、2分以内に写真を撮ってシェアするのが特徴で、保存していた過去写真や加工した写真はシェアできないという造りがZ世代に受けている。

スポット部門の1位「ワーナーブラザース スタジオツアー東京 ― メイキング・オブ・ハリー・ポッター」はとしまえん跡地にオープンしたテーマパーク。迫力あるセットがクチコミで話題を呼んだ。

グルメ部門1位の「みそきん」は動画クリエイターのHIKAKINが監修したカップラーメン。売り切れ店舗が続出した。

lookeyプロジェクトリーダーの川又潤子氏は、親しみやすさとともに個性が光る人、盛らないで“素”の自分をさらけ出すコンテンツ、短時間で視聴できるコンテンツなどが2024年も人気になるだろうと考察している。

調査概要

  • 【調査対象】全国19歳~23歳の男女
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2023年10月17日~23日
  • 【有効回答数】400人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]