ポイント・決済サービスの利用率、首位の「楽天」を「ドコモ」が猛追。4大キャリア経済圏の競争が激化?【MM総研調べ】

ポイント・QRコード決済・クレカ・ECなどのクロスユース率を携帯キャリアごとに調査。

MM総研は、2023年8月時点のポイント/決済サービスの携帯キャリア別利用状況に関する調査を実施した。15~79歳の男女50,259人を対象に、契約先の携帯キャリアが提供する各種サービスのクロスユース率※を調べている。

※クロスユース率:携帯電話利用者が、契約先の携帯キャリアが提供する各種サービス(ポイントサービス、QRコード決済、クレジットカード、ECサイト)を「最も利用している」と回答した比率。

クロスユース率は「楽天」が圧倒、「ドコモ」も追い上げ

サービスごとのキャリア別クロスユース状況(2023年8月時点)

調査によると、ポイントサービス・クレジットカード・ECサイトの3領域におけるクロスユース率は「楽天モバイル」が前回調査(2021年8月時点)に引き続きトップに。特にポイントサービスの利用率は73.1%と高く、2位のドコモと30ポイント以上の差をつけた。

携帯キャリアとポイントサービスのクロスユース状況

ポイントサービスのクロスユース率を経年で見ると、ドコモユーザーによる「dポイント」が前回調査から8.0ポイント増で40.4%まで伸長。2019年から順調に利用率を伸ばしている。

携帯キャリアとQRコード決済のクロスユース状況

QRコード決済のクロスユース率では、ソフトバンクユーザーによる「PayPay」が55.3%で首位を維持。前回から最も高い伸びを示したのはドコモの「d払い」で、11.9ポイント増加した。

携帯キャリアとクレジットカードのクロスユース状況

クレジットカードのクロスユース率では、楽天モバイルユーザーによる「楽天カード」が65.8%で前回に引き続き1位。伸び率としては、楽天モバイルの2.8ポイント増に対し、2位のドコモは6.6ポイント増と、追い上げが鮮明となっている。

携帯キャリアとECサイトのクロスユース状況

ECサイトのクロスユース率においても、「楽天市場」が58.7%で安定の1位。ついでソフトバンクユーザーによる「Yahoo! ショッピング」が23.6%と続いた。

調査概要

  • 【調査対象】15~79歳の男女
  • 【回答件数】5万259人
  • 【備考】回答件数のうち、現在4キャリアを個人利用かつメインで利用している回答者を対象に分析。ドコモ35.3%(1万7720人)、au 19.0%(9543人)、ソフトバンク 11.8%(5805人)、楽天モバイル 7.7%(3881人)。
  • 【調査方法】Webアンケート
  • 【調査期間】2023年8月10~15日
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]