Adobeが画像生成AI「Adobe Firefly」の商用利用を可能に、ウェブ版の一般提供を開始

β版を終了、各種ソフトのAdobe Firefly搭載機能は「Adobe Creative Cloud」に統合

米国Adobeの日本法人、アドビは、米国本社が同社の画像生成AI(人工知能)「Adobe Firefly」の商用利用を可能にしたことを9月13日に発表した、と同日公表した。ウェブアプリのAdobe Firefly ウェブ版の一般提供を始めた。日本語を含む100以上の言語によるテキストプロンプト(指示文)に対応している。約6カ月、β版を提供してきた。

「Adobe Photoshop」の「生成塗りつぶし」「生成拡張」、「Adobe Illustrator」の「生成再配色」、「Adobe Express」の「テキストから画像生成」「テキスト効果」などのAdobe Firefly搭載機能もβ版を終了。Adobeの各種ソフトがサブスクリプション(定額課金)で利用可能なサービス「Adobe Creative Cloud」にネイティブ統合する。

Adobe Fireflyでの新しい画像生成ワークフローを採用した全製品に生成AIのクレジットベースモデルを導入する。テキストベースのプロンプト入力によって、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe Express、Adobe Firefly上で画像やベクター作品を生成するためのクレジットで、プランごとに生成クレジットの利用上限を定めた。

上限に達した場合、処理速度が低下した状態で生成を続けられるが、生成クレジットのサブスクリプションパックを追加するとAdobe Fireflyの機能が快適に使える。Adobe Fireflyは画像生成、テキスト効果、ベクター用の生成AIモデルを基盤にし、商用利用を前提に安全性を考慮した魅力のあるコンテンツが生成できるように設計した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]