「note」の見出し画像を生成AIを搭載した「Adobe Express」でつくる機能を年内提供

noteとアドビが連携、テキスト入力でnoteの記事イメージぴったりな画像作成が可能に

デジタルコンテンツ企画・制作・配信事業のnoteは、アドビと連携し、メディアプラットフォーム「note」で画像生成AI(人工知能)を搭載したデザインツール「Adobe Express」で記事の見出し画像をつくる機能を追加する取り組みを開始する、と8月29日に発表した。PC版で2023年内のリリースを予定している。画像生成AIを活用することで記事イメージにぴったりな見出し画像をだれでも簡単に作成することができるようになる。

Adobe Expressの最新版には「Adobe Firefly」(ベータ版)を活用した生成AI機能が搭載され、文章を入力するだけでイメージに合った画像を生成できる。見出し画像は、noteや外部SNSのタイムラインでのアイキャッチになり、記事がより多くの人の目にとまるための重要な要素。Adobe Expressとnoteの記事投稿画面をシームレスにつなげることで、画像生成AIの力も借りて記事の見出し画像をつくれるようになる。

「生成AIは創造性を高めるもの」とアドビとnoteは考えており、生成AIに対する共通のスタンスで創作活動を支援していることから機能連携が実現した。Adobe Fireflyは商業利用が可能になるようアドビ独自のデータセットで学習させた素材をもとにした生成AIで、他のクリエイターやブランドのIP(知的財産権)を侵害するようなコンテンツを生成しないよう設計されており、クリエイターは気軽に安心して創作を楽しむことができる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]