ユミルリンクが「Cuenote SMS」でWebhookによる「配信結果コールバック機能」追加

国内携帯4社のSMSを高速・確実に配信した結果をリアルタイムに受け取る連携が可能に

メッセージングプラットフォーム「Cuenote(キューノート)」を展開するユミルリンクは、SMS(ショートメッセージサービス)配信サービス「Cuenote SMS」で、アプリケーションやWebサービス間でリアルタイム通信を行う仕組みの「Webhook」に対応した「配信結果コールバック機能」を追加する、と6月27日に発表した。さらにCuenote SMSの「携帯4社の送信者番号共通化」を拡張し、「重複配信リクエスト防止」を追加する。

Cuenote SMSにWebhook対応の配信結果コールバック機能を追加

Cuenote SMSは、国内携帯4社(docomo、au、SoftBank、楽天モバイル)との直接接続(直収)による正規ルートで高速・確実にSMSを配信できる法人向けクラウドサービス。送信したSMSの配信結果を取得するため、これまで定期的にデータ連係の仕組みのAPIを用いていた。今回追加したWebhook対応の配信結果コールバック機能によって、SMSの配信結果をリアルタイムに受け取ることができる。

また、携帯4社の送信者番号共通化を拡張することによって、これまで提供してきた1つの番号で本人認証、重要な通知、業務連絡、プロモーションなどのSMSを送受信できる双方向SMSサービスを、新たに一斉送信を行う顧客も利用できるようになる。さらに今回、重複配信リクエスト防止キーを設定したことによって、意図しないメッセージの二重送信を防止できるようになった。

携帯4社の送信者番号共通化を拡張
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ASP
「ASP」には、「Application Service Provider」(ア ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]