電通デジタルの全社員が生成AI「ChatGPT」の利用開始、APIアカウントを社員に付与

業務の効率化と最新のAI技術の活用による効果的なソリューション提案力向上が目的

デジタルマーケティング事業の電通デジタルは、米国オープンAIが開発した生成AI(人工知能)「ChatGPT」の利用を全社員が始めた、と5月29日発表した。ChatGPTをはじめとしたAIツールが使用できるAPIのアカウントを全社員に付与した。業務の効率化と、最新のAI技術の活用による効果的なソリューション提案力向上を目的にしている。

電通デジタルではこれまで、最先端技術を解説・啓もうするエバンジェリストが中心にコピーや広告文の素案作成などに使っていた。今回全ての社員が業務に利用できる環境を整えた。同社は、最新の社内データベースとChatGPTが連動する独自機能を開発。質問者の意図に合った回答が得られるようカスタマイズし、使用を容易にした。

さらに、社員全員がAIへの知見や理解を深めながらAIを活用できる環境構築と文化の形成を推進。効果的な使い方などの知識を社員全員で共有するプラットフォームを整備したり、AI利用についての社内グランプリを開催したりする。AIの使用にあたっては、電通グループが制定したガイドラインに沿った利用を徹底しているとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーテスト
Webサイトやソフトウェア、製品などの使いやすさ、使い勝手を実際にユーザーに試し ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]