上司←→部下のコミュニケーション、「改善したい」人は8割以上【Chatwork調べ】

個人面談「実際に話している話題」と「話したい・話すべき話題」ですれ違い。

Chatworkが運営する「ビズクロ」は、「上司・部下のコミュニケーション」に関する調査結果を発表した。20代~70代の男女がアンケートに回答している。

約6割のビジネスマンが上司←→部下コミュニケーションに課題

まず「上司・部下とのコミュニケーションで課題を感じていますか?」と聞くと、「とても感じる」と回答した人が20.7%、「少し感じる」と回答した人が40.1%。約6割のビジネスマンが上司・部下とのコミュニケーションでなんらかの課題を抱えていた。

上司・部下とのコミュニケーションで課題を感じているか

また「課題を感じる」と回答したうち、「コミュニケーションの課題を解決したいと思いますか?」について「とても思う+少し思う」の計は87.1%に達していた。なお上司・部下の個人面談において「本音で話せる」16.6%、「ある程度話せる」63.5%だった。

課題を解決したいか

「個人面談でよく話す内容」は、「業務の進捗・進め方」80.7%、「会社や組織の方針」42.6%が上位だったが、「個人面談で話したい・話すべき内容」で聞くと、トップの「業務の進捗・進め方」71.2%は変わらなかったが、2位は「今後のキャリア」54.1%、3位は「スキルや能力の向上」53.1%が上位になった。

個人面談でよく話す内容
個人面談で話したい・話すべき内容

調査概要

  • 【調査対象】20代~70代の男女
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]