女性管理職比率、6割以上の企業が「5%以下」。役職につきたくない人も多い?【エン・ジャパン調べ】

女性活躍推進法に関する各種義務化、「対応済み」は8%にとどまる。

エン・ジャパンは、「企業の女性活躍推進」についてのアンケート調査を実施した。人事向け情報サイト「人事のミカタ」を利用している中小企業353社が回答している。

女性管理職比率、63%の企業が「5%以下」と回答

貴社の女性管理職比率はどのぐらいですか?

まず、社内の女性管理職比率を聞いたところ、63%の企業が「5%以下」と回答した。政府が掲げる目標である「30%以上」と回答した企業は、計12%にとどまっている。

女性活躍推進法に関する義務化について、貴社の対応状況を教えてください。

また、女性活躍推進法に関する各種義務化※について、対応状況を聞くと、「すでに必要な対応が完了」と回答した企業は8%にとどまった。

※改正女性活躍推進法:2022年4月より、従業員101名以上の企業に「女性活躍を推進するための行動計画策定及び情報公表」が義務化されている。
「すでに必要な対応が完了」「現在取り組んでいる最中」と回答した方に伺います。女性活躍推進法の各種義務化に取り組んだことで、良かったことは何ですか? (複数回答可)

「対応済み」および「現在対応中」と回答した人に対し、取り組んだことでよかったことを聞くと、「企業のイメージアップにつながった」が1位となり、ついで「産休・育休取得者が増えた」「職場風土の改善につながった」と続いた。

女性社員の活躍推進に対して、課題と感じられることはありますか? (複数選択可)

女性活躍推進における課題としては、「社内に女性のロールモデルがいない(少ない)」「女性社員の意識」が同率でトップとなった。具体的には、「管理職になりたいと希望する女性が少ない」といった意見が見られた。

調査概要

  • 【調査方法】インターネットによるアンケート
  • 【調査対象】「人事のミカタ」を利用する従業員数300名以下の企業
  • 【有効回答数】353社
  • 【調査期間】2023年2月15日(水)~3月14日(火)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]