Gunosyの広告「Gunosy Ads」とLMのマーケティングサービス「Ponta Ads」が連携を開始

Gunosy Adsの広告配信で「Ponta」会員のリアル購買データによるターゲティング可能に

メディア開発・運営のGunosy(グノシー)と、ポイント・マーケティング事業のロイヤリティマーケティング(LM)は、Gunosyが展開する広告「Gunosy Ads」とLMのマーケティングサービス「Ponta Ads」の連携を始める、と2月14日発表した。Gunosy Adsの広告配信で、LMの共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」会員のリアル購買データに基づくターゲティングが可能になる。

Gunosy AdsはGunosyのニュースアプリ「グノシー」などのデータを使って見込み客に直接アプローチする広告商品。auの公式ポータル「auサービスToday」やKDDIと共同配信するニュースアプリ「ニュースパス」のユーザーにも訴求できる。Ponta Adsは、会員数1億人を超えるPontの利用から得られる実社会での購買データとデジタル広告を接続し、配信・分析するサービス。

今回の連携でPonta Adsの接続メディア「Pontaコネクティッドメディア」にGunosy Adsを追加。年収・興味関心・家族構成などの属性やライフスタイルデータなどから細かなターゲティングがGunosy Adsでも実現する。カテゴリに加え、商材単位でもターゲティングできる。Gunosy Adsでの広告接触データとPontaの購買データを組み合わせた分析で広告効果の可視化も可能。

配信ボリューム
「Ponta Ads」の概要
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ネットプロモータースコア
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]