プレイドがKARTEのシナリオメール配信を強化したMA「KARTE Message」β版を提供開始

KARTE独自のマーケティングオートメーションでサイト内外の体験をつなぐ設計が可能に

CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE(カルテ)」を展開するプレイドは、KARTEのメール配信機能を強化して、サイト内外のユーザー行動を起点としたシナリオ配信を可能にする「KARTE Message」β版の提供を始める、と11月2日に発表した。KARTEとKARTE Messageを併用することで、サイト内外の体験をつなげて来訪したユーザーの目的を理解し、寄り沿ったコミュニケーションをワンストップで設計できる。

サイトやアプリ内の体験設計を担うKARTEに対して、KARTE Messageは新開発のカスタマージャーニー(顧客のサービス利用プロセス)設計機能「Journey」を搭載したKARTE版マーケティングオートメーション(MA)。メールやアプリのプッシュ通知、SMS(ショートメッセージサービス)やLINEなど自社サービス外にいるユーザーとのコミュニケーションを担い、あらゆる行動を捉えて柔軟なシナリオを組み立てることができる。

Journeyの設定イメージ

新しいシナリオエディタのJourneyは、サイト上のポップアップやメール配信などユーザーに働きかけるアクションを柔軟につなげて分岐させることができる。分岐の条件も、施策への反応から施策後の行動などを柔軟に設定。対象となるユーザーの属性や行動だけでなく、休眠のようなユーザーの変化をトリガーに理想の状態への到達状況が可視化され、クリエイティブや訴求内容を差し替える編集も簡単に行える。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]