ニールセンが広告視聴率の「IDシステム」強化、「人」ベースの精度の高い測定を実現

データプロバイダーからのデータを拡充、特定可能なインプレッションのカバレッジ拡大

視聴行動分析サービスのニールセン デジタルは、デジタル広告視聴率(DAR)を測定する「ニールセン・アイデンティティ(ID)・システム」でオープンインターネットの測定を11月1日から強化する、と同日発表した。データプロバイダーからのデータを大幅に拡充して視聴者属性の特定可能なインプレッション(視認数)を拡大し、精度の高い測定で「人」ベースの正確性と信頼性を備えたデジタル広告測定を提供する。

ニールセンIDシステムは、サードパーティークッキーなどの「デジタル識別子」のみに依存しない次世代の個識別ソリューションで、日本でも複数のIDパートナーと連携してきた。ID情報はプライバシーに配慮され、クッキーや広告IDなどのデジタル識別子と、今後主流になるユニバーサルIDのための情報や非デジタル識別子情報、DARレポートに使用する性年齢などの属性情報が一体となったデータベースを戦略的かつ包括的に活用する。

データの拡充で、より多くの視聴者の「個」と属性情報を特定するカバレッジが向上。媒体間、プラットフォーム間を横断したデジタル広告キャンペーン測定を実現する。オープンWebの測定を、既に実施しているウォールドガーデンプラットフォームの測定と統合して、モバイルとPCのデバイス間の重複が排除されたデジタル広告の露出効果(リーチ&フリークエンシー)を測定するDARとなる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]