マイクロソフトがブラウザ「IE11」のサポートを終了、新ブラウザ「Microsoft Edge」が起動

「Windows10」のIE11、IEのみで動作するコンテンツはEdgeの「IEモード」で当面は閲覧可能

米国マイクロソフトは、ウェブブラウサ「Internet Explorer(IE)11」のサポートを6月16日(日本時間)に終了する。同日以降に順次、IE11を起動しようとすると、新ブラウザ「Microsoft Edge」が起動するよう変更される。そのため、IEのみで動作するコンテンツが閲覧できなくなる。ただ、Edgeに搭載する「IEモード」で閲覧は可能。同モードは2029年まではサポートされる。

IE11のサポート終了に関しては、米国マイクロソフトが2021年5月に発表し、日本マイクロソフトは関連するFAQ(よくある質問)を2022年2月に公開している。対象はOS「Windows10」のIE11で、今後はEdgeがIE11の後継ブラウザとなる。最新OS「Windows11」にはEdgeが標準搭載されていて、IEは入っていない。サポート終了によって、IEコンテンツの利用者や提供者が影響を受ける。

情報処理推進機構(IPA)は、利用者や提供者に向け、対策を講じるよう注意を促している。利用者は、2029年まではEdgeのIEモードで閲覧はできるが、企業をはじめ組織の環境や方針でIEモードが使えないように設定されている場合もあり、確認が必要になる。提供者にはIEコンテンツの改修が求められ、間に合わない時は、従来コンテンツのIEモードでの閲覧を周知することになる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]