博報堂DYメディアが地方紙などメディア企業のサイト構築や運用を統合的に担うサービス

朝日新聞社のCMS「ポトフ」を活用、コンサルティングから運用までメディアDXを支援

博報堂DYグループでメディアサービス基盤開発・運用の博報堂DYメディアパートナーズは、メディア企業のサイト構築や運用を統合的に行うサービスの提供を始める、と6月9日に発表した。朝日新聞社が開発・提供するCMS(コンテンツ管理システム)の「ポトフ」を活用して、コンサルティングから運用支援まで行う。地方紙をはじめ多くのメディアを支援して、メディア価値の最大化に取り組む。

特定分野に特化したバーティカルメディアや、ローカルメディアで複数の導入実績があるCMSのポトフを活用して少人数で短期間にメディアを立ち上げ、運営をする。朝日のデジタルノウハウを交えた最適なサイト構築と、継続的なPDCA(計画・実行・評価・改善)でサイト運営を支援する。自動見出し作成や、自動記事要約など過去30年分の記事データを機械学習させた人工知能活用サービスをオプションで提供する。

博報堂DYメディアが培ってきたメディアDX(デジタル変革)の知見やソリューションを掛け合わせ、更に高いターゲットとのエンゲージメント(顧客とのつながり)を提案する。地方紙はじめメディア企業は既存のオフラインだけでなく、オンラインでの情報発信の活性化や生活者とのタッチポイントの深化・拡充が課題だが、デジタル人材の確保が困難で、複数のメディアの機動的な立ち上げや継続的な運営が高いハードルとなっている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]