楽天、パナソニックHD、西友が自動配送ロボットによる配送サービスをつくば市で開始

公道を走行してスーパーの商品を注文から最短30分で届けるオンデマンド配送は国内初

楽天グループとパナソニックホールディングス(HD)、西友、茨城県つくば市は、自動配送ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle=無人地上車両)で公道走行による配送サービスを5月28日からつくば市内で提供を始める、と5月26日に発表した。楽天とパナソニックHD、西友の3社は、つくば駅周辺の約1000世帯を対象に「西友つくば竹園店」で取り扱う商品を注文から最短30分か、指定した配達時間帯に届ける。

「西友つくば竹園店」を出発するUGV

スーパーの商品を、UGVの公道走行で注文から最短30分で届けるオンデマンド配送の実現は国内で初めて。楽天が開発したスマートフォン向けの専用サイトで、対象地域の住民から商品の注文を受ける。西友つくば竹園店で取り扱う商品のうち、生鮮食品や冷蔵・冷凍商品、弁当・惣菜を含む飲食料品や日用品など2000点以上の商品が注文可能で、手数料110円(税込)で利用できる。期間は7月30日までの毎週土曜日の計10日間。

配送中は専用サイトでUGVの位置や到着予定時刻を確認でき、到着時に自動音声の電話やSMS(ショートメッセージサービス)で知らせる。UGVはパナソニックHDが開発した「X-Area Robo(クロスエリアロボ)」で、つくば市から約60キロ離れた「Panasonic Laboratory Tokyo」(東京都中央区銀座)から遠隔管制システム「X-Area Remote(クロスエリアリモート)」で走行する。UGVの走行中は保安要員1名が現地で配送を監視する。

つくば市は、楽天とパナソニックグループも参画する「つくばスマートシティ協議会」を組成し、ロボティクスとデータを活用した最先端技術と対応施策を連携させて、持続可能な市民中心のまちを形成するスマートシティ実現に取り組んでいる。2022年4月に「スーパーシティ型国家戦略特別区域」に指定され、UGV配送サービスの実装を含めた「つくばスーパーサイエンスシティ構想」の実現を目指している。

走行中のUGV
遠隔管制システムを用いて遠隔監視するオペレーター
配送先にUGVが到着し、商品を受け取るユーザー
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]