「LetroStudio」で「LINE広告」専用の動画クリエイティブパッケージ「エルスタ」を提供

アライドアーキテクツ、LINEのアドバイスを受け動画クリエイティブ制作の環境構築を支援

マーケティングDX(デジタル変革)支援事業のアライドアーキテクツは、動画クリエイティブ制作パッケージ「エルスタ」の提供を始める、と5月13日に発表した。同社の動画作成支援サービス「LetroStudio(レトロスタジオ)」と、LINEが「LINE広告」の実績とノウハウを統合して提供するLINE広告専用の動画クリエイティブパッケージで、LINE広告に最適な規格に対応している。

LetroStudioは、マーケティング施策のPDCA(計画・実行・評価・改善)高速化で成果を向上させる運用型制作を支援する動画制作サービス。エルスタはLINEのアドバイスを受けて展開し、成果につながりやすい200超の動画テンプレートを使って動画広告の企画・構成面から制作・編集まで支援する。テンプレートは、LINEが推奨する最新のデザインや訴求、LetroStudioが独自に実施した各業界の動画活用パターンの知見で拡充していく。

LINE広告で成果を出すには、フォーマットごとに5~12本のクリエイティブを準備し、正しいクリエイティブポートフォリオを設計する必要がある。しかし、動画の外注制作費用は高く、内製化すると膨大な時間がかかり、ノウハウ不足で成果につながる動画クリエイティブが制作できない課題があった。このため、LetroStudioとLINEで、LINE広告向けのクリエイティブの制作環境を構築し、成果向上を支援するエルスタを提供する。

先行活用事例
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]