DACが1stパーティデータを活用した広告計測基盤「WISE Transformer」を提供開始

ポストクッキー時代に対応した広告効果計測とサイト解析環境を「Google Cloud」で開発

メディア・ソリューションサービス事業のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、企業が保有する1stパーティデータを活用した広告計測基盤の「WISE Transformer」の提供を始めた、と4月19日に発表した。プライバシー保護の高まりでデータ収集・利用の法律による規制や、ブラウザやデバイスの技術的制約が拡大するポストクッキー時代に対応して、広告効果計測やサイト解析を可能にする。

WISE Transformerは、Googleのタグ管理ツール「Googleタグマネージャー」のサーバーサイドコンテナを利用し、サーバー内で1stパーティデータを活用・管理する。米国Appleがブラウザ「Safari」に搭載したトラッキング抑止機能「Intelligent Tracking Prevention(ITP)」の影響を回避して、プライバシー保護と企業の効果的なデジタルマーケティング活動の両立を実現する。

「WISE Transformer」の概要

サーバー内で取得した1stパーティデータは、「Google広告」や「Facebook広告」などの効果計測用データとして連携が可能。ITPの影響でコンバージョン(最終成果)としてカウントできていなかったデータも、各媒体へ送信して計測精度が向上する。「Google Cloud」を基に開発しており、次世代サイト解析ツール「Googleアナリティクス4プロパティ」とシームレスに連携することができる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]