「TikTok」でJリーグとサポーティングカンパニー契約、Jリーグの魅力をTikTokで発信

Jリーグは試合会場で撮影した写真・動画のネットでの使用を承認、TikTokで盛り上げ

短編動画プラットフォーム「TikTok(ティックトック)」を展開する中国メディア企業、ByteDance(字節跳動)の日本法人、ByteDance(バイトダンス)と、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は、同社が日本で運営するTikTokに関してサポーティングカンパニー契約を結んだ、と4月11日発表した。JリーグはTikTokを通して各チームの魅力を積極的に発信する。

Jリーグは今シーズンから公式試合来場者が試合会場で撮影した写真・動画について、ルールの範囲でインターネットでの使用を認めた。今後、TikTokの活用での盛り上げを図る。両者は連携し、Jリーグ公式のショートムービー企画「#Jリーグ」チャレンジを開催したり、Jリーグ公式アカウントからJリーグの魅力が楽しめる動画などを投稿したりする。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]