ヤマト運輸がオートロック付きマンションでも指定場所に非対面で届ける「置き配」実現

「マルチデジタルキープラットフォーム」を開発、デジタルキー提供6社と連携契約締結

ヤマト運輸は、オートロック付きマンションでも、玄関前など指定場所に非対面で荷物を届ける「置き配」を可能にした、と3月28日発表した。複数のデジタルキーが一括管理できるシステム「マルチデジタルキープラットフォーム」を開発し、デジタルキー提供6社と連携契約を締結。デジタルキーでマンション入口を解錠する機能をドライバーの端末に同日加えた。

EC荷物受け取りの利便性向上と、ドライバーの業務負荷軽減が目的。東京都練馬、豊島、板橋区の一部で始め、順次広げる。同プラットフォームは、オートロック解錠用機器の設置情報と、EC注文時の配達先の住所情報をマッチングさせ、デジタルキー提供会社に入口のオートロック解錠を申請。配達情報ごとに解錠のためのワンタイムパスワードが発行される仕組み。

マルチデジタルキープラットフォーム概要図

デジタルキー提供会社は、同プラットフォームとAPI連携することで導入が可能。ヤマト運輸と連携するオンラインショップで注文した商品の受け取り場所が指定できるサービス「EAZY」の荷物が対象。EAZYを配達するドライバーの端末にオートロック解錠機能を追加した。今後は自動車のトランクへの置き配などデジタルキーを生かした新たな受け取り方法を検討する。

オートロックの解錠から置き配までの流れイメージ
利用者の操作画面イメージ
ドライバーの操作画面イメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

MSNbot
関連語 の「ロボット」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]