プレイドが企業のカスタマーサポート領域の事業に正式参入、新会社のRightTouchを設立

問い合わせ前顧客をオンラインで解決に導く製品「KARTE RightSupport」開発、β版提供

CX(顧客体験)プラットフォーム事業のプレイドは、企業のカスタマーサポート領域の事業を行う新会社、RightTouchを10月27日に設立し、同領域に正式に参入した、と12月16日発表した。新会社は、問い合わせをする前の顧客をオンライン上で解決に導く製品「KARTE RightSupport(カルテ ライトサポート)」を開発する。β版の提供を2022年1月に始める。

RightTouchは東京・銀座のプレイド社内に置き、資本金は準備金を含め1000万円。企業のカスタマーセンターでオペレーターの人手不足が問題になっていることからカスタマーサポート領域を手掛ける。KARTE RightSupportは、オンラインでサポートが必要な顧客の課題やつまずきを特定するための行動データを可視化し、問い合わせ前の解決につなげる。

課題がウェブサイト上で迅速に解決することで顧客満足度が向上するうえ、カスタマーセンターへの電話件数の減少も期待できる。加えて、不満や疑問があっても直接問い合わせをしない「サイレントカスタマー」への対策にもなる。RightSupportの開発では、ソニー損保、SBI証券がカスタマーサポート業務でPoC(概念実証)として実際に利用している。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]