チーターデジタルとトレジャーデータが製品連携、ゼロパーティデータでロイヤルティ向上へ

「Customer Engagement Suite」と「Treasure Data CDP」、ゼロパーティデータをCDPに格納
よろしければこちらもご覧ください

顧客エンゲージメント(関係・信頼性)ソリューション事業を手掛ける米国チーターデジタルの日本法人、チーターデジタルは、データマネジメント事業のトレジャーデータと新たなデータ活用に向けた製品連携に合意した、と10月6日発表した。ゼロパーティデータ(趣味・好み)を活用し、顧客ロイヤルティ(信頼・忠誠心)を高めるための施策の検討が可能になる。

チーターデジタルのマーケティングプラットフォーム「Customer Engagement Suite(CES)」と、トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォーム(CDP)「Treasure Data CDP」を連携。ゼロパーティデータをCDPに格納できるうえ、CDPが収集した従来の顧客データとの連携でデータの幅が拡大。顧客理解を深め、精緻なパーソナライズにつなげることができる。

ゼロパーティデータのCDP連携によって、従来の会員情報や購買情報と合わせて高い解像度で顧客像を把握。顧客それぞれの特性に応じて最適にパーソナライズしたメッセージ配信でコンバージョン(最終成果)率を向上させられる。さらに、より精緻な顧客ロイヤルティ管理を実現し、顧客の好みに合わせたポイント、会員ランクなどのブランド体験が提供できる。

連携のイメージ
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]