メルカリが「パルスオキシメーター」や「酸素缶」「犬猫療法食」のフリマ出品を禁止

新型コロナウイルス感染拡大に伴う出品禁止商品リストに明記、商品削除や利用制限も
よろしければこちらもご覧ください

フリーマーケットアプリ運営のメルカリは、動脈血の酸素飽和度と脈拍数を測定する「パルスオキシメーター」などを禁止出品物とする、と9月1日に公式ブログで公表した。以前から医薬品・医療機器の出品を禁止しているが、改めて「パルスオキシメーターはじめ医薬品・医療機器に該当する商品を出品することはできない」と強調した。

メルカリへの出品が禁止されたパルスオキシメーター(小島昇撮影)

9月2日から当面の間、禁止出品物と明記したのは「酸素缶」「血中酸素飽和度測定器(医療機器に該当しない家庭用商品)」「酸素濃縮器(同)」と、病気の犬や猫のための特別なペットフードの「犬猫療法食」。新型コロナウイルスの深刻な感染状況が続いているため、2021年1月策定の「マーケットプレイスの基本原則」の趣旨に照らし合わせた。

これ以外の商品でも、商品名や商品説明に病名やウイルス名、具体的な予防効果を記載する行為は医薬品医療機器法(薬機法)や健康増進法に違反する恐れがある。生命身体の安全や健康の維持に関わる必需品で、できるだけ早く多くの人に届けることが求められるが供給が著しく不足していると判断した場合は商品削除、利用制限などの措置をとる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]