電通デジタルがCookieなしでウェブ行動を計測する基盤「X-Stack Connect」開発・提供

プライバシーを保護しながらサイトの行動計測とマーケティング施策の最適化維持を実現
よろしければこちらもご覧ください

電通グループでデジタルマーケティング事業の電通デジタルは、Cookieを使うことなくユーザーのウェブサイト上の行動を計測する基盤「X-Stack Connect(クロススタック・コネクト)」を開発し、7月14日に本格提供を始めた、と同日発表した。ユーザーのプライバシーを保護しながらサイトの行動計測と、それに基づくマーケティング施策最適化の維持が可能になる。

世界的なプライバシー保護の流れを受けてCookieの利用に制限がかかるようになり、ブラウザCookieに依存した計測が今後一層困難になっていくため開発した。同社が2018年10月から展開しているソリューション「X-Stack」を強化・拡充した。X-Stackは、予測LTV(顧客生涯価値)を指標に事業KPI(重要業績評価指標)を予測するモデルをデジタル広告運用に活用する。

「X-Stack Connect」の概要

X-Stack Connectは、計測環境としての持続可能性▽汎用(はんよう)性の高い実装方式▽導入ハードルの低減▽プライバシー保護への配慮--の特長がある。持続可能性では、サーバー側のアクセスログとフォームの入力情報の両方を使う計測に対応し、Cookieに頼らない計測基盤を実現した。導入は、Googleのタグ管理ツール「Google Tag Manager」をサイトに設置し、そこからの情報をクラウド環境で処理する方式を採用することで容易にした。

「X-Stack Connect」の特長
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]