Google、ChromeのサードパーティCookie廃止を延期。2023年後半に

Googleは、ChromeブラウザにおけるサードパーティCookieのサポート完全終了を2023年後半まで延期する。
よろしければこちらもご覧ください

Googleは、ChromeブラウザにおけるサードパーティCookieのサポート完全終了を2023年後半まで延期する。当初は、2022年までに段階的に終了としていたが、約1年延期した形となる。

サードパーティCookieを代替し、匿名性を保ちつつ広告主やパブリッシャーにとって機能する新手法を検討する「プライバシー・サンドボックス」の一環。サードパーティCookieは、複数のサイトを横断してブラウザの閲覧を追跡し、効率的な広告表示などに用いられる。一方で、オンラインでの行動がテクノロジー企業に追跡されるリスクも危惧されるようになっている。

Googleはプライバシー・サンドボックス イニシアチブを推進し、FLoC(協調機械学習により生成されたコーホート)などの代替技術を検証している。

当初は2022年のサードパーティCookie終了を目指していたが、「エコシステム全体で取り組みを正しく進めるため、さらなる時間が必要」とする。代替技術には様々な提案がなされているが、さらなる議論や規制当局等との調整、移行準備などを理由に延期する。

終了までを2つのステージにわけ、ステージ1は2022年後半に開始。代替技術のテストが完了し、ChromeでAPIが利用可能となった段階でスタートし、約9カ月間でパブリッシャーや広告業界に移行を促す。2023年半ばからステージ2として、サードパーティCookieのサポートを3か月かけて段階的に廃止する。

本記事は、Impress Watchの「Google、ChromeのサードパーティCookie廃止を延期。2023年後半に」(2020/06/25)転載記事です。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]